看護師のこと

看護師の必要品11選【新人看護師は入職準備にこれを用意すればOK】

新人看護師や復職する看護師にとって、看護師の必要品や入職準備ってなにを準備すればよいか困ってしまいますよね・・・。

そこで今回は、看護師経験のある私が、入職時にはこれを揃えてほしい!という看護師必要品を厳選してお伝えいたします!

逆に言えば、入職時にこのナースグッズがないと、仕事にならない可能性がありますので、仕事中に困ってしまわないように、入職時までには揃えておくとGOODです。

また、後々にそろえてほしいもの、あると便利なものなども併せてご紹介しているので、参考になれば嬉しいです。

この記事で分かること

看護師に必要品11選
  • はさみ
  • ナースウォッチ
  • タイマー
  • ペン
  • ノックペン
  • ペンライト
  • ペンケース
  • 聴診器
  • メモ帳
  • リストバンドメモ帳
  • 駆血帯
  • ナースポシェット

これら全てそろえると約17800円でそろえることができます。その内聴診器が約1万円くらいですので、聴診器だけは給料が入ってからにして、それ以外は先に全部そろえておくと、スムーズに仕事をすることができますよ。

すぐに必要なものや、後々そろえたほうがいいもの、またそのまま購入できるナースのネット通販などを詳しく紹介していきますね。

因みに私がよく利用しているナースの通販サイトはこちら↓です。

国内売り上げNO1 のナース通販で、シンプルでほしいものが探しやすいのが特徴です。5000円以上購入で送料無料なのも嬉しいですね。

\今すぐナースグッズを準備する/

看護師の必要グッズベスト12選

今回は、看護師の必要グッズをベスト11選という形式で紹介しますが、入職前には揃えておきたい、「今すぐ必要なもの」と、「後々に必要なもの」で分けてみました~!

今すぐ必要なナースグッズ6選

それでは、これが無いと仕事にならない「今すぐ必要なナースグッズ」をご紹介していきますね!

「今すぐ必要なナースグッズ6選」は全てそろえると、大体4600円くらいで購入することができます。

はさみ

ナースグッズ必要度

値段100円~1000円

はさみを購入する⇒

看護師用のはさみです!普通のはさみとは違って、落下防止のクリップがついているのと、患者さんに刃先が当たらないようなカバーがついています。

テープや包帯などを切るときに使用します。はさみがないと仕事になりません~。

ダイソーとかのはさみで対応する人もいますが、やはり、落下したり紛失したときのリスクを考えると、専用のものを容易した方がマストです!

ナースウォッチ

ナースグッズ必要度

値段1000円~3000円

ナースウォッチを購入する⇒

普通の腕時計ですと、トランス移動をするときに患者様に当たってしまうので、胸元やネーム札につけることのできるナースウォッチは必需品です。

脈拍や呼吸を計るときに、秒針がついた時計は必要です!夜勤のときにも見えるように暗い場所でも光る機能が付いているものだと便利ですよ。

タイマー

ナースグッズ必要度

値段100円~1500円

タイマーは点滴・投薬・点眼・・・などの時間を忘れないように使います。電卓付きのものもあるのですが、個人的には電卓は必要頻度が低いので、無くても大丈夫かなと思っています。

とくに新人の頃はタイマーがないと色々忘れてしまうことも多いと思うので、入職前にそろえておくといいと思いますよ。

私は耳鼻科と整形外科の混合病棟にいたのですが、OPE患のバイタル測定が15分30分1時間置き、というのと、眼科OPE前の15分おきの点眼などが重なって時間管理がシビアでした。

タイマー1つでは足りなかったので、このダブルタイマーをよく利用していましたよ。

ダイソーなどでタイマーを購入してみて、1つの機能では足りないのであれば、ダブルタイマーを利用してみてもいいかもしれませんね!

ペン

ナースグッズ必要度

値段100円~3000円

3色ペンを購入する⇒

患者さんの情報をとったり、とにかくペンがないと仕事ができません!ダイソーなどで安く手に入ることもできるので、それでも全然OKです!

私はジェットストリームが大好きで、書きやすいので、よくジェットストリームの3色ペンを利用していましたよ。

ジェル系のやつは乾きが遅くて滲んだり、紙カルテだと汚れたりするので、オススメできません~。

ノック式マーカーペン

ナースグッズ必要度

値段100円(単体)~600円(セット)

 

 

ノックペンを購入する

ノック式のペンは、点滴袋に時間を記載するのによく使いました。蓋のペンは、いちいちキャップの開け閉めに時間がかかりますが、1分、1秒時間がもったいない私たち看護師の仕事ですから(笑)

ノック式のペンだとすぐに記載することができて重宝しましたよ~。こちらも、1本売りでダイソーなどで販売していました!

ペンライト

ナースグッズ必要度

値段600円~2500円

ペンライトを購入する⇒

患者さんの瞳孔をチェックするときに使用します。

これを使うときは、急変かな?と思ったときなので、使用頻度は低いですし、救急カートに常備されているので、後々必要なグッズにいれようか迷ったのですが・・・。

急変っていつ起こるかわかりませんよね・・・。患者さんの容態をいち早く把握するためにも、早めに準備していて損はないと思う物品です。

あと、電灯自体に瞳孔のスケールがついていますが、正直、電灯は使っているので、電灯についているスケールは使えません(汗)ですので、瞳孔のスケール表や急変時のスコア表を1枚持っておくといいですね。

以上、入職時に準備しておいたほうがよい物品でした。

次に、後々準備した方がよいものをご紹介しますね。

後々準備してもよいナースグッズ6選

ここからは後々準備してもよいナースグッズを紹介します。・・・が!どうせ後々使いますし、通販で揃えるなら、送料とかもありますし、入職前に揃えちゃったほうが無難かなぁとも思ったりします。

「後々準備してもよいナースグッズ6選」は大体13200円くらいでそろえることができます。

ペンケース

ナースグッズ必要度

値段900円~2000円

ペンケースを購入する⇒

看護師って持ち歩くものがとても多いんですよね~。ヘパリン、アルコール綿、ペン、ペンライト、はさみ・・・・。

これらをナースポケットに突っ込んじゃうと、取り出しにくいですし、時間がかかっちゃうので、ナースのポケットには大抵このペンケースが入っています。

マチ付きのものが物もよく入りますし、取り出しやすいので、オススメです!

聴診器

ナースグッズ必要度

値段10000円~16000円

聴診器を購入する⇒

聴診器は毎日使うものなので、今すぐ必要なナースグッズに入れようかまよったのですが、病棟に予備があることが多いので、入植当初はよく予備を使っていました。

値段もそれなりにするので、初給料がはいってからでもいいのかなぁと思ってこちらの章にいれました。

まず声を大にして言いたいのが、5000円以下のものは購入しちゃいけないということです。はっきりいって全然聞こえません。私は最初5000円くらいのものを準備したのですが、全然聞こえなくて買いなおしました(汗)

色々種類はあるのですが、リットマンの聴診器を購入すれば間違えありません。私はこちらのリットマンの中でも手が届きやすい価格の↑こちらの聴診器を利用していましたが、問題なく利用できましたよ。

メモ帳

ナースグッズ必要度

値段100円~300円

メモ帳を購入する⇒

新人看護師は覚えることがたくさんあるので、普段の情報収集の用紙とは別に、覚えることノートを作ったほうがいいと思います!

物品の場所や病棟独自のやり方などがあるので、先輩に言われたことはきちんとメモして、1人立ちしたときに、このノートを見れば大丈夫!といったものを作るといいですね。

入浴介助とかで結構湿っちゃったりするので。防水っぽいカバーがついているものをオススメします。

リストバンドメモ帳

ナースグッズ必要度

値段1200円

リストバンドメモ帳を購入する⇒

先ほどは、後から見返せるような覚書ノートを持ち歩いたほうがいいと普通のメモ帳をご紹介しましたが・・・。

その日覚えておかないといけない、例えば患者さんからの薬の依頼や、報告しないといけない内容などは、メモ帳を開く時間さえ惜しい場面もでてきます。

思わず手にそのまま書いてしまいがちですが、医師から不衛生だとお叱りを受けてしまう・・・。なんてこともあります。

そんな時に便利なのが、このリストバンド式のメモ帳です。水にも強いですし、指でこすったり、けしゴムで消せることもできるので、まさに、看護師のための便利道具だと思います。

駆血帯

ナースグッズ必要度

値段600円~800円

駆血帯を購入する⇒

だいたい病棟に準備されているので、ほとんど必要ありませんが、たまに、採血が被ったり、病棟の駆血帯を持ち歩く人がいて、「急いでいるのに駆血帯がない!!」というときがあります。

私はそんなストレスから解放されたくて(笑)My駆血帯を常備していましたよ。

ナースポシェット

ナースグッズ必要度

値段1300円~2000円

ナースポシェットを購入する⇒

先ほど、ナースグッズの中でペンケースをおすすめしていましたが、大体のナースはペンケースとナースポシェットの二刀流使いをしています(笑)

それほど看護師は持ち歩く物が多いんですよね。

全部の病院が当てはまるか分かりませんが、うちの病院では「アルコール消毒液」を持ち歩くことが必須でした。

ポケットには入らないので、支給されたアルコール消毒液はナースポシェットに入れて皆持ち歩いていましたよ!

病院から支給されることも多いので、オリエンテーションが終了してから、購入を検討してもいいですね。

まとめ:看護師の必要グッズ11選一覧

最後に、看護師の必要グッズ11選を一覧にしてまとめてみました。

看護師は、入職すると毎日があわただしく、ナースグッズを選ぶ暇さえ惜しくなるほど忙しいです!

入職前の時間のあるうちに必要なものを早めに準備しておくと、入職してからスムーズにお仕事をすることができるので、早めの準備をおすすめします。

\今すぐナースグッズを準備する/

管理人おすすめお徳な漫画アプリ&サイト
  • U-NEXT

    すぐに無料で600円分のポイントが貰える31日間のトライアルキャンペーン実施中。
    ">公式ページ
  • タイトルを入力してください

    ここに説明文を入力してください。
  • タイトルを入力してください

    ここに説明文を入力してください。