沖縄のこと

ベビーパークを沖縄で無料体験!体験レポをどこよりも詳しくお届け!

沖縄でたくさんある習い事の中でも、親子教室(幼児教室)である「ベビーパーク」って、ちょっと気になる教室ではありませんか?

私も2歳になる娘に何か習い事をさせたくて、実際にベビーパーク沖縄のライカム店に無料体験レッスンをしにいきました!

ちなみに、沖縄にベビーパークは2つあって、ライカム店と、浦添の経塚シティ店にあります。

くれよんママ
くれよんママ
つい最近ベビーパーク:沖縄ライカム店で無料体験したので、その内容の情報をどこよりも詳しくお届けしますね♪

\通常8000円分の体験が無料/


期間限定キャンペーン

ベビーパーク沖縄:ライカム店での体験内容

ベビーパークでは「叱らない育児」を中心とした「親子教室」になります。

シーサーちゃん
シーサーちゃん
幼児教室じゃなくて、親子教室なんだね!

もちろん中心は幼児教室になるのですが、親への子どもとの関わり方もレクチャーしてくれるんですよ~!

さっそく、体験内容の情報をお伝えしますね♪

この記事で分かること

  • ベビーパークライカム店の体験内容(1・2回目詳細)
  • ベビーパークライカム店の基本情報
  • ベビーパークライカム店の無料体験方法

ベビーパーク沖縄:ライカム店1回目の体験談(説明とレッスン)

まず、体験は2回に分けて行われます。1回目は親へ「ベビーパーク」がどんなものかを説明が中心と20分くらいのショートレッスンを受けます。

1回目は先生とマンツーマンで、ほかの生徒さんたちはいませんでした!

最初に、親への説明内容をご紹介しますね♪

親へのベビーパークの説明内容を簡単にざっくり説明

  • 子どもは3歳までの教育が大事
  • 3歳で幼児教育をするかしないかで、頭のいい子が育つかどうかが決まる
  • 知的な面でなく情緒面も育んでいく
  • 叱らない育児推奨
くれよんママ
くれよんママ
3歳までが脳のゴールデン期だということを学べて、このお話を聞くと、すごく入りたくなりました!!

 

~ここからは、ベビーパーク体験レッスンの詳細な体験レポです♪読み飛ばしOK~

初めての幼児教室ともあって、若干緊張気味の娘と私。

教室の扉をあけると、明るい雰囲気の講師が笑顔で元気よく出迎え!

緊張しいの娘がおずおずと「こんにちは~」と声をかけると、挨拶が出来たことに対して、ちょっとオーバー気味に褒めてくれましたよ♪

その明るい雰囲気と、褒められたことで娘は一気に心を許した感じです!

教室内は、8畳くらいの「プレイルーム」と、同じく8畳ほどの椅子と机のある「お勉強ルーム」に区切られていました。(ドアはなく、1つの教室に2つある感じ)

くれよんママ
くれよんママ
教室の写真も載せたかったのですが、教室撮影NGでした~

まずプレイルームで親への「ベビーパーク」の説明が始まります。(詳細内容は上記記載)約30分ほどでした。

30分の間娘は側でおもちゃで遊んでいて、構ってほしくなると、声をかけてくるのですが、先生もその時はちょっと説明をやめて、娘の相手をしてくれたのがうれしかったです♪

かなり親への説明は早口でざっと説明する感じでしたよ~。

時々家での娘の様子を質問されて、その時の娘の様子を解説しながらお話が進んでいくので、興味をもって最後まで聞くことができました!

30分ほど、パワーポイントの資料を使った説明を聞くと、次は机のあるお勉強ルームへ移動です。

~以上体験レポでした~

 

1回目のショートレッスン内容をざっくり説明

続いては、実際のショートレッスンを20分ほど体験!

学校のように机が5つ横並びにならんでおり、対面して先生の机、椅子があるスタイルでレッスンをおこないます。

  • 挨拶
  • 始業の英語の歌
  • 自己紹介の練習
  • フラッシュカード
  • 数のカード
  • 日本語の歌(歌詞カード付)
  • 英語の歌(歌詞カード付)
  • 帰りの英語の歌
  • 挨拶
くれよんママ
くれよんママ
1つ5分くらいでザザーっと進んでいくので、そのスピードにびっくりしました!

~ここからは、ベビーパーク体験レッスンの詳細な体験レポです♪読み飛ばしOK~

まず、自己紹介は、先生がお名前は?何歳ですか?とインタビュー形式で進んでいきます。

うちの娘は自分の名前を「○○!!」とか「2歳!!」とかだけで答えるのですが、先生は何かが出来るたびにオーバーに褒めてくれました♪

そして、娘が「2歳!!」と答えたあとに、「私は、苗字・名前です。2歳です。」と正しい日本語文で丁寧に訂正して教えてくれます。

くれよんママ
くれよんママ
初めてみるフラッシュカードもジーッと見つめていて、興味津々という感じでした

最後まで集中できるか心配でしたが、5分くらいで次のカリキュラムへ進むので、飽きることなく集中して最後まで受講することができましたよ~!

\通常8000円分の体験が無料/ 

期間限定キャンペーン

ベビーパーク沖縄:ライカム店2回目の体験(レッスン中心)

本来ならば、2回目のレッスンは、また別日に改めて予約をとるのですが、キャンペーン期間のギリギリに応募したので・・・

先生が気を使ってくださりその日のうちに時間を調整して受講することができました!

2回目のレッスンは、受講している生徒さんたちと5~6名の少人数で一緒にレッスンを受けます。

2回目のレッスン内容をざっくり説明

基本的な流れは1回目のレッスンと一緒でしたので。1回目のレッスンになかった内容をご紹介します♪

  • 工作(折り紙、のり、テープを使って焼き芋作り)
  • 輪投げ
  • ビーズ通し
  • 絵本読み聞かせ
  • 英語のカードCDにて読み聞かせ
  • 先生のカードの絵を覚えて、自分の絵に丸をつける
  • 重さの勉強(空のタッパーと重りが入ったタッパーをもって重さの違い学習)

これだけの内容を40分くらいで行うので、かなりのスピード感です。

くれよんママ
くれよんママ
国語・算数・理科・音楽・体育・英語 の1日かけてやる授業を40分でギュギュッと濃縮されている感じで、ついて行くのに必死でした・・・!

~ここからは、ベビーパーク体験レッスンの詳細な体験レポです♪読み飛ばしOK~

2回目のレッスンは、ほかの生徒さんたちも一緒で、娘のテンションはマックス♪(笑)

机の上だけのお勉強だけでなく、プレイルームを使って、体を使う輪投げなどがあったのが好印象でした!

しかも、輪投げ1つにしても、輪投げには色と数字が割り振られていて、その色と数字を呼ばれた順番で輪投げがスタートし始めます。

娘はルールを良く分かっておらず、勝手に投げちゃっていましたがそれを説明して、順番を待ってもらうのが少し大変でした。

家では学ぶことができない集団での「順番」を学習することができるので、その点もいいなぁと感じました。

また、机の上での学習では、問題文を先生が読み上げて、全員に答えを聞くというスタイルです。1人1人に当てたりはしないので、プレッシャーを感じることなく学習できるのも良かったと感じました!

自己紹介ではほかの生徒さんたちよりも、なぜか自信満々で堂々と答える娘ちゃん(笑)!集団の中での娘の様子を見たことがなかったので、それを見ることができたのは貴重でした~♪

ベビーパーク沖縄:ライカム店で体験した感想~良かった点・悪かった点~

まず、体験してよかったなと思った点は3つあります。

  1. ベビーパークの教育理念を詳しく知ることができた。
  2. 実際の授業の内容をフルに体験することができた。
  3. 集団の中での娘の様子を見ることができた。ベビーパークの教育理念を詳しく知ることができた。

上から順に説明していきますね♪

  1. ベビーパークの教育理念を詳しく知ることができた。
    やはり教育理念に合うあわないがあると思います。ベビーパークに関しては「叱らない育児」これを受け入れられるかどうかがネックになります。私としては、「絶対に叱らない育児」は無理なので、「なるべく叱らない育児」としてある程度妥協しながらベビーパークの理念に沿って育児していけると感じました。
  2. 実際の授業の内容をフルに体験することができた。
    実際の内容の一部のみではなく、フルの授業を娘が体験できたことによって、娘が果たして50分の授業を集中して受けられるかどうか?教室の雰囲気にあっているのか?を見ることができたのは良い点でした。
  3. 集団の中での娘の様子を見ることができた。
    保育園や幼稚園に通うと、集団で学習する姿ってみることはできませんよね?
    ベビーパークでは親も一緒に付きっ切りで学習するので、集団の中での姿を見れる貴重な体験ができたなと感じました!

悪かった点は1つのみです。

授業のスピードが速すぎる

おそらく、飽きさせないため、とか、学習においてこのスピード感がいいから、とか理由はあると思うのですが、あまりにも早すぎました。

私は娘が集中してやっているものに関してはもっとゆっくりじっくり向き合いたいタイプですし、自分自身が「急かされる」のが好きではないからです。

くれよんママ
くれよんママ
なるべく娘のことも急かしたくありません・・・。

強いてあげるならこれだけで、やはり実際に体験してみないと分からない部分でした。

このスピード感に関しては個人個人の感覚が違うので、やはり一度体験してみるのがいいと思います。

しつこい勧誘などはなく、さらっとキャンペーン情報と、申込用紙を渡されて終わりましたよ~!

ベビーパーク沖縄を無料体験する方法

それでは、ベビーパークを無料体験する方法をお伝えしますね。

無料体験はキャンペーンをしている期間にこちらの<親子教室ベビーパーク公式サイト>
より、体験学習を今すぐ申し込む→申し込みフォームに必要事項入力で、すぐに申し込むことができます。

WEBより申し込みが完了すると、翌日に担当者から電話で日程調整の連絡がはいり、都合のいい曜日や時間帯を選択して、予約完了となります!

\通常8000円分の体験が無料/


期間限定キャンペーン

 

ベビーパークとは?幼児教育のメリットデメリット

次に、ベビーパークの基本的な情報などをお伝えしていきます。

この章でお伝えしていくこと

ベビーパークとは?基本理念

ベビーパークライカム店・浦添店の場所

それでは上から順にお伝えしていきますね♪

 ベビーパークとは?

まず基本的なところからご紹介します!

私たちは、日本初の全国展開『親子教室』です。
幼児教室ではありませんから、子どもの『脳育』が目的ではありません。
一番大切にしたいのは『親子の絆』。
それをテーマにした教室です。親子の愛情の絆ほど子どもの能力開発に深く影響するものはありません。・・・略

        ベビーパークHPより引用

ベビーパークは「幼児教室」ではなく、「親子教室」だと大きく銘打っています。

体験教室の中でも、そこを強調して説明していました。ベビーパークの先生によると・・・

週に1回だけでのレッスンでは足りません。ここで学んだことをぜひ家庭で取り入れてほしいのです。家庭で取り組むことを、ベビーパークでママに学んでほしい。だから「親子教室」なんです!

そういわれてみれば納得ですよね。

例えば、子どもには、「語りかけ」が大事だって言われていますが、どういう風に「語りかけ」をしたらいいかご存知ですか?

くれよんママ
くれよんママ
私は、普通に会話をするように「話しかけること」が「語りかけ」だと思っていました・・・。

実際、そうではなく、効果的な「語りかけ」の方法がちゃんとありました。

それを母親が知っているか知っていないかだけでも、普段の何気ない「語りかけ」が効果的になるのか、そうではないのかが変わってきます。

くれよんママ
くれよんママ
このことを知ることができただけでも、体験教室に行ってよかったと思うぐらいです!

そして、「親子の絆」が大切だと強調していましたよね。

教室では、子どものすぐ真後ろにママが座って、一緒にカリキュラムをこなしていきます。そして、声をかけながら、フォローしたり、褒めたり・・・。

家の中で子どもと過ごしていると、ママは家事などをこなさいといけないので、隙間時間にちょこっとずつ遊ぶ感じではないでしょうか?

くれよんママ
くれよんママ
私がそうです・・。無料体験を振り返ると、こんなもこの子にだけ集中するの時間ってなかったかもしれない、と反省しました。

ベビーパークのレッスン中50分はその子にだけ集中することができるので、これも「親子の絆」の時間になりますね♪

 

くれよんママ
くれよんママ
一番感動したのは、学習が終わると「ハグ」タイムがあることでした!

娘もたくさんハグされて、嬉しそうでしたよ♪

ベビーパークとは 「親子の絆」を大事にする「親子教室」

早期幼児教育のメリット・デメリット

次に、早期幼児教育における、メリット・デメリットをみていきましょう。

早期幼児教育におけるメリット
  • 記憶するのが早い。
  • 学校の授業を先取りできる。
  • 子供の得意なものを見つけてあげることができる。
  • 試験などに取り組むことで、それを乗り越える上での達成感などを得ることができる。
  • 各年齢に適した学習を適切な方法で得ることができる。
  • 子供の興味・関心を刺激してあがることができる。親のメリット
  • 子供とともに達成感を得ることができる
  • 子供の個性を伸ばす方法をしる事ができる
  • 子供との関わる時間を意識して作ることができる
  • 子供を褒めることが多くなる
  • 各年齢にあった学習の支援方法がわかる
  • 子育てがより楽しくなる
  • 子育てが生きがいになる

次にデメリットを見てきましょう

早期幼児教育におけるデメリット
  • 子供が出来なかったときに落胆してしまう
  • 子供に過度に期待しすぎてしまう
  • 自分がかつて出来なかったことを、子供に押し付けてしまう
  • 子供が親の期待に応えたいがために、「親の評価」などを気にしすぎてしまう
  • 試験合格などが子供にとってプレッシャーになってしまう
  • 過剰に厳しい教育をしてしまう
くれよんママ
くれよんママ
吹き出しの内容 幼児教育が与える影響をよく考えて幼児教育に取り組めるといいですね。

ベビーパーク:沖縄ライカム店・浦添店の場所

ベビーパーク沖縄ライカム店の場所をご紹介しますね~♪

  • 店名;ベビーパーク沖縄ライカム教室
  • 住所:〒901-2306 沖縄県中頭郡北中城村字比嘉 字ライカム1番地 イオンモール沖縄ライカム 4F
  • 電話番号:0120-415-181

 

 

  1. ライカムと一口にいっても物凄く広いので、一番近くて歩かずに済む駐車場をご紹介しますね♪正面入口から入って左手グルーっと回ると、立体駐車場が見えてくるので、立体駐車場へINします。この駐車場は5階まで一直線のコースです。
  2. 屋上に到着して、道なりに進むと、「Bアースコート エレベーター入口」と看板のある建物があります。
  3. ここから4階に下りると、すぐ左手がベビーパークになっていますよ♪

セイハ英語教室の隣がベビーパークです。

ベビーパークで叱らず楽しい幼児教育を

ベビーパークでは、叱らない子育て、3歳までの脳育・教育が今後「頭のいい子」になるか重要な部分になってくることを基本理念としています。

授業内容は密度が高く、子供の情緒や社会のルールなども学べることができると感じたため、本当にオススメしたい親子幼児教室でした!

どんな内容か気になる!という方は、無料で体験(通常8000円相当)できますので、一度体験してみてくださいね♪

ベビーパークの体験は2回で組まれてい、その時で入会をすると、月謝が半額になったり、リュックがもらえたりと色々特典があるので、もし、本格的に入会を考えているのでしたら、その時に入会するとお得ですね♪

\通常8000円分の体験が無料/


期間限定キャンペーン