MENU
妊娠・出産・育児

授乳の仕方で白斑が!?取れない!?ナースママの体験談~助産師直伝方法有~

授乳中にちくびやおっぱい痛いことってありませんか?もしかするとそれ、ちくびに【白斑】ができているかもしれません・・・。

授乳をしていると、さまざまなおっぱいのトラブルがありますよね。ちくびに白い点ができる、白斑もそのうちの1つになります。

私は2児のナースママで、上の子の母乳育児の時にはちくびに白斑がたくさんできてしまい、授乳の際には歯を食いしばるほど痛い思いをしてきました。

授乳の度に痛いので、母乳育児がとても辛かったです。

更に、白斑ができて、おっぱいが詰まってしまうと、乳腺炎を引き起こしてまうことだってあります。実際私も、乳腺炎まで引き起こして、更に痛い思いをたくさんしてきました。

白斑ができても、はじめの頃は自分で治す方法を試したりしましたが、簡単には白斑が取れなくて、大変困りました・・・。

熱がでた時は、産婦人科に行って助産師さんに白斑を取ってもらったこともあります。

くれよんママ
くれよんママ
そんな痛い・辛い授乳の経験から学んだ、白斑ができたときの体験談を記事にしました!
この記事でわかること
  • 白斑の見つけた方法
  • 白斑ができる理由
  • 白斑を放置したら最悪切開までありうる!?
  • 白斑を作らないようにするためには⇒授乳体勢の見直し・乳頭ケアクリームを使って乳首パックをする
  • 白斑が取れないときにやってはいけない方法(ピンセットなど)

すぐに、「白斑ができたらどうしたらいいのか」を知りたい人は・・・

白斑ができたらどうしたらいいの? から読んでみてくださいね♪

合わせて読みたい

辛い産後の頭痛!助産師直伝の改善策

二人目育児便利グッズおすすめベスト3~300人以上のママに聞き込み~

【授乳ブラ迷子のアナタヘ!】コスパ最強⁈の授乳ブラのご紹介

授乳の仕方によっては白斑ができる!?白斑はおっぱいトラブルの1つ

授乳中、おっぱいやちくびに痛みがでてきたり、ちくびの先の方に白い点や白い塊みたいなのがみえたことってありませんか?

くれよんママ
くれよんママ
もしかしたらそれ、白斑(はくはん)かも・・・。
ママ
ママ
白斑(はくはん)って一体何なの?

白斑は、簡単に言えば母乳の”かす”になります。

白斑=母乳のカス

次に、その白斑を簡単に説明しますね♪

授乳の仕方でちくびが痛くなる!?白斑を簡単に説明

白斑とは、乳管の開口部(おっぱいが出る所)の入り口に脂肪分が固まってできたもので、母乳のかすです。

私が白斑に気がついたのは、搾乳するときでした。

くれよんママ
くれよんママ
乳首を摘まんで圧迫すると、母乳がでてきますよね?

そのときに、母乳が出てくる部分に、白い点?白い塊?のようなものが見えたんです・・・。 

この白い点・塊こそが脂肪分であり、【白斑】と呼ばれる母乳の”かす”なのですね。

白斑を発見した方法~くれよんの場合~

初めて白斑を見たとき、小さな白い石がちくびの先端に見えたので、凄くびっくりしました!

それで、乳頭の周りを圧迫すると、母乳がジューっと出てきて、最後にはじわッとにじむ感じになりますよね?そのときに、ちくびの先端をよ~くみてみると、小さな石みたなのが顔をだすのです。

乳頭への圧迫を解除すると、白い点は見えなくなってしまいます。

石っぽく硬いのであれば、白斑である可能性が高いですね!

くれよんママ
くれよんママ
白斑を見つけるコツとしては、母乳を搾乳して、出てくる量が収まるまで待つ。です!(それでも白斑が見つからない場合もあります・・・)

授乳の仕方でちくびが痛い!白斑ってどうしてできるの?

白斑ができる原因は、長い間母乳が外にでていない事で、塊になってしまうことです。

それには、授乳の仕方が関わってきます!

あなたは、こんな授乳していませんか?

同じ方のおっぱいで母乳をあげている

同じ体勢で母乳をあげている

おっぱいが張りすぎたまま授乳している。

これって全部おっぱいトラブルを引き起こす原因になるんですよ~・・・!

くれよんママ
くれよんママ
1つ1つみていきましょう!
同じ方のおっぱいで母乳をあげている

→片方だけ飲ませて、寝落ちしてしまう事ってありますよね。そうなると、もう片方の母乳は次の母乳まで時間があいてしまって、詰まってしまう原因になります。

同じ体勢で母乳をあげている

→いつも同じような体勢で母乳をあげていませんか?

くれよんママ
くれよんママ
私もそうでした・・・。

母乳を飲ませたあと、すっきりとした感覚があっても、実は残っている母乳があって、そこがつまって白斑ができる原因にもなります。

おっぱいが張りすぎたまま授乳している

→おっぱいの張りって、白斑の原因にもなるのですが・・・

その他にも辛い悪循環をもたらしちゃうのです・・・下記で説明しますね!

授乳感覚があいておっぱいが張る

おっぱいがパンパンに張ってきて硬くなり、おっぱいの形が変形する

赤ちゃんはおっぱいが咥え辛くなってしまって、浅飲みになる

浅飲みになると、しっかり飲めない

しっかり飲めないと飲み残しがでてくる

飲み残しが長時間残っていると、母乳が詰まる

白斑ができる

さらに、浅飲みは、おっぱいに傷ができたり、水疱の原因になるので、授乳の際には痛みがでてきます。

くれよんママ
くれよんママ
私の体験談でもあります・・・。授乳する度に歯を食いしばる程痛かったです・・・

授乳でちくびが痛い~白斑を放置したらどうなるの?~

白斑は、小さいものであれば出来ても特に自覚症状はありませんでした。しかし、放置をしていると、大変な事に・・・。

白斑を放置したらこうなる
  1. 白斑ができている方のおっぱいが重たい感じがする
  2. ちくびやおっぱいズキズキした痛みが出て来る
  3. しこりがでてきて、そのうち板みたいに硬くなる
  4. おっぱいが熱くなって熱を持つ(痛みも強い)
  5. 悪寒がする、関節が痛くなる
  6. 高熱が出る(38.0度以上)
くれよんママ
くれよんママ
ご察しの通り、すべて体験談です。ここまでくると、乳腺炎になっている可能性がありますね。

母乳の出口である乳管開口部が白斑によって詰まってしまうと、母乳は作られているのに、出口が塞がっているので、うっ滞してパンパンになり、熱がでてしまうのですね(乳腺炎の状態)

授乳でちくびが痛い~白斑を予防するには?~

先ほど、以下の3つが白斑のできる原因だとお話しました!

同じ方のおっぱいで母乳をあげている

同じ体勢で母乳をあげている

おっぱいが張りすぎたまま授乳している。

これに沿って白斑ができないための予防策もお伝えしていきますね♪

白斑ができないための予防策

授乳する際は、交互にあげる
→授乳時間も均一になるように5~10分あげたら、反対側のおっぱいをあげてください。

授乳する体制を適宜替える
→授乳する体制がいつも同じになっていませんか?例えば、横抱きのまま~とか。
横抱き・フットボール抱き・たて抱き・・・・などさまざまな授乳方法をとることで、母乳が残るのを防いでくれます。

授乳の前におっぱいのケアをする
→おっぱいが張ってカチカチになっている場合は、授乳前に少しだけ搾乳して、圧を抜いてあげてましょう。

 

蛇足!

赤ちゃんのちくびの咥え方に注意する
→赤ちゃんがちくびの先端だけ咥えているような形になっていませんか?浅飲みはちくびを傷つける原因になります。大きく口を開けたタイミングでしっかりとちくびを全体を咥えさせましょう。

また、授乳前にちくびのマッサージをしてあげると、あかちゃんもおっぱいを飲み安くなるので、ちくびのダメージを予防することができますよ♪

白斑が取れないときに、やってはいけない対応方法

ピンセットや爪で白斑を取る

針で白斑を取る

力任せに搾乳する

放置する→最悪切開までありえます!!

上記の方法はおっぱいを傷つけてしまって、よけいに痛みが出てきたり、ばい菌が入ってしまう可能性がありますので、絶対にしないでくださいね!

これをしようと思うぐらい症状がひどい時は病院へ受診されてください・・・。

授乳でちくびが痛い~白斑だった場合にどうすればいい?~

基本的には、白斑ができて、おっぱいやちくびが痛いとおもったらまずは病院へ受診してください。夜間で病院に受診できない、子どもを見る人がいなくて受診できない!・・・

そんなときのために、私が白斑が出来たときに行った体験談をご紹介します。

赤ちゃんに母乳を飲んでもらい、白斑を取ってもらう。

とにかくこれですね。基本的に頻回授乳して赤ちゃんに吸い取ってもらうのが一番です。

【授乳の際のポイント】

白斑がある所に、赤ちゃんの下顎がくるようにして母乳をあげると取れやすくなりますよ♪

でも、乳首の上の方に白斑ができて詰まって、おっぱいの上側にしこりができたら、どうやって母乳をあげていいか困りますよね。そんな時は・・・

くれよんママ
くれよんママ
赤ちゃんをベッドにおいて、ママが覆いかぶさるようにして、位置を調整してあげるといいですよ♪ 

ちちかわえみぞう さんブログよりお借りしましたhttps://emihahablog.blogspot.com/2014/12/blog-post.html

蛇足ですが、ちちかわえみぞうさんが2014年頃に発案?した授乳四十八手は、色々な笑える授乳方法とネーミングがあって、授乳体勢に困ったときにおススメです!

搾乳しながら、白斑を取り除く

搾乳する時も、乳頭(ちくび)だけを摘まむのでなくって、乳輪の周りから摘まんで押し出す感じで搾乳します。

この時に痛みを感じるほど強くやると、乳管を傷つけてしまうので、強くやりすぎないように、気を付けてください。

くれよんママ
くれよんママ
白斑がポンっととれると、詰まっていた母乳がビューっと勢いよく出てきて、しこりもなくなりますよ~♪

とれた白斑は、小さい小さい白い石みたいな塊ででてきます。

たまに、白斑が大きくて、クレーターみたいになってしまう事もありますが、私は元に戻りました!

乳頭クリームを塗って、乳頭のケアをする(乳首パック)

これは、助産師さんから習った方法です。

乳首パックの効果

  • 保湿されるので乳首の乾燥による切れなどのトラブルも減る
  • 乳首がふやけてやわらかくなり、母乳も出やすい状態になる

乳首パックの方法

  1. クリームを乳首に塗る
  2. その上からサランラップをして、乳首パックをする。
  3. 5分~10分置く

※乳首パックのタイミングはお風呂の時に、おっぱいマッサージをしながら行っていましたよ♪

ちなみに私は、クリームには、ピュアレーンを使用していました。

くれよんママ
くれよんママ
赤ちゃんが舐めても大丈夫なものを選びました~!

乳首パックをしている間は、何もしなくても痛い!!という、辛い状態も和らぎました。

毎日続けていると、乳首に出来ていた傷もよくなりましたよ♪

あまったら赤ちゃんの皮膚の乾燥とかにも使えますし、いつ白斑が出るか分からないので、授乳中は1本常備しているといざというときに重宝しますよ!

ちなみに・・・授乳後って胸が垂れやすくなってしまうので、ケアが必要になってきます。

そこで、授乳で垂れやすいバストは断乳したら育乳ブラがおすすめですよ!

参考記事はこちら>>産後・卒乳後は胸が垂れる&しぼむからナイトブラで元に戻す!

合わせて読みたい記事↓

【授乳ブラ迷子のアナタヘ!】コスパ最強⁈の授乳ブラのご紹介

生後2ヶ月から通える!親子教室ベビーパークレポ

まとめ:白斑ができたら治すではなく、できないように予防を!!

白斑ができてからの対応だと、授乳そのものが辛いことに加えて、高熱を出したり自分自身の体調も悪くなってしまいます。

ですので、白斑は出来る前の予防がとても大切です。

もう一度、白斑ができないような予防をまとめると・・・

授乳するときには、交互にあげる。

授乳するときの体制をかえる。

乳頭クリームを塗ってケアする。

自分自身の授乳スタイルと、普段からのおっぱいのケア(乳首パック)で、辛い白斑からの卒業を目指しましょう♪

くれよんママ
くれよんママ
あなたの授乳時間が辛いものから、素敵な幸せな時間になるように願っています 

【PR】産後ママの夕飯作りを楽に!

ヨシケイをママレポ【料金一覧紹介】一番お徳なのはどのコース?

管理人おすすめお徳な漫画アプリ&サイト
  • U-NEXT

    すぐに無料で600円分のポイントが貰える31日間のトライアルキャンペーン実施中。
    ">公式ページ
  • タイトルを入力してください

    ここに説明文を入力してください。
  • タイトルを入力してください

    ここに説明文を入力してください。